スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
母と共に
昨晩遅く我が家に到着した実母とひなかなと共に慌しく朝食をとり阪神高速の渋滞を考慮して9時前に家を出た。

さすがに帰省ラッシュも一段落着いたのか、混雑もなく1時間足らずで近大奈良病院に到着した。ひなかなのお世話を頼んでいるえむつーさんも早い目に来てくれており、すぐさま合流しNICUに近い待合所でドクターとの約束時間まで待つことにした。

時間になり、NICUへ入りドクターからの話を聞いた。8月10日の夕方から夜にかけて肺へ流れる血液が減少し酸素を取り込みにくい状況に陥ったとのこと。その原因として無呼吸発作か肺高血圧クライシスというのが考えられ、現在は人工呼吸器の挿入によりとても安定している状態であると言われた。

その他、母も同席していたので親切にも改めて心臓のことや染色体異常の可能性についても説明してくれた。ネットや書籍ではダウン症候群の医師からの告知のあり方についてひどい告げられ方をしたなどとの体験談をたまに読んだりすることがあるがここのドクターはとても丁寧で親切だと痛感する。

ドクターの話の後、母は私と共にはなちゃんとの面会を果たした。母には、子が3人とも男で、孫もひなかなのみであったので、初めての女児ということでたいへん楽しみにしていたのだが初めての対面をこのような形にさせてしまい少し悪かったかなとも思ったりした。でも、早く直して元気な姿を見せてやればいいってことだ。

ひなかなのことは友達に任せたままで、結局ドクターの話の時間を含めて1時間くらいNICUでいたと思う。そろそろひなかなもパパの戻りを待っているだろうと思い戻ってみたが、テレビの前でおとなしく座っており、えむつーさんも「ぜんぜん楽勝やったわ」と言った。ソフトボールの予定をキャンセルしてまで来てくれて本当に感謝感謝だ。

その後、えむつーさんとは別れ、病院付近のバーミヤンで昼食にし、家へと帰り、母はすぐに電車で実家へと帰って行った。

夕食は、冷凍ハンバーグと野菜サラダで子供達のご機嫌を伺ってみた。私の主夫生活はまだまだ始まったばかりだ。

【日齢3日】



スポンサーサイト


はな誕生、そして入院 | 【2007-08-12(Sun) 22:35:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
↑一日一回クリックしてね♪
ゆっくりねっとサーチ
障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
↑相互リンク中♪
プロフィール

Fuccie73

Author:Fuccie73
はなちゃんのパパ:
いたって健康・・・。(S48.9生まれ)
↑mixiはここから↑

ひなたん:
好中球減少症と闘病しながらも、元気な小学3年生です。
(H14.8生まれ♂)

かぁくん:
健康優良児ですがアレルギーで食べられるものが少ないよ。
でもモリモリ食べてひなたんより体重は重いよ!
1年生になったけど、まだまだママに甘えてます。
(H16.7生まれ♂)

はなちゃん:
ファロー四徴症、共通房室弁口と闘いながら頑張ってきましたが2008.7.27に突然お空へと旅立ってしまいました。
1歳のお誕生日まであと13日でした。

ママ:
ママも小さい頃に動脈管開存症の手術をしました。
(S48.9生まれ)

過去ログ
カテゴリー
メールフォーム

あなたのお名前:
あなたのメール:
件名:
本文:

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。