スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
長い1日(その2)
国循のNICUでドクターからはなちゃんの病状についての説明を聞いた。産まれる前から聞いていた心臓の奇形に加えてお腹に水が溜まっていてその原因やその状態について国循には専門医がいない(要は心臓や循環器のことしか分からんらしい・・・)ので専門医のいる病院へ今から搬送しますとのこと。

最初、ひなたんがお世話になっている総合医療センターへ搬送するとのことだったが満床のため遠く離れた生駒の近大病院への搬送が決まった。

搬送前に、ママ(妻)もベッドのままNICUに連れてきてもらいつかの間の我が子との対面を果たすことが出来た。ちょうどその頃、21時頃に救急隊員がはなちゃんを迎えにきた。国循は救急の患者を受け入れることは多くても送り出すことは稀なのかとても段取りが悪かって見ている我々は呆れてしまったがなんとか保育器の中のはなちゃんも保育器のまま救急車に乗せてもらい生駒まで搬送されていった。

私も車で近大奈良病院へと向かい1時間ほどで到着した。待合所で待つこと約1時間、23時頃に近大奈良病院のNICUに呼ばれドクターから説明を受けた。

心臓の奇形に関する説明は何度も聞いていたので、もうええわと思いつつもこれからしばらくお世話になるドクターなので真剣に話を聞いた。

心臓の奇形について、今後の治療の方法について、腹水について、染色体異常について・・・などなど

少し前までは、心臓の奇形は手術で治るが染色体異常(ダウン症候群)だったらどうしよう、とか思っていた。そして国循のドクターも近大奈良のドクターも顔貌からみてダウン症候群の可能性は高いと言う。染色体検査の結果がでるまでは分からないが、こうやって産まれてきてくれたらもうそんなことはどうでも良かった。とにかく元気に大きくなって欲しいただそれだけだ。

23:30頃ドクターからの説明がおわり、我が子を遠く生駒の地に残したまま病院をあとにした。

0:30頃、寝静まった家に着くとキヌさんが起きてきて夕食を温めてくれた。

【日齢0日】
スポンサーサイト


はな誕生、そして入院 | 【2007-08-09(Thu) 23:59:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ
↑一日一回クリックしてね♪
ゆっくりねっとサーチ
障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
↑相互リンク中♪
プロフィール

Fuccie73

Author:Fuccie73
はなちゃんのパパ:
いたって健康・・・。(S48.9生まれ)
↑mixiはここから↑

ひなたん:
好中球減少症と闘病しながらも、元気な小学3年生です。
(H14.8生まれ♂)

かぁくん:
健康優良児ですがアレルギーで食べられるものが少ないよ。
でもモリモリ食べてひなたんより体重は重いよ!
1年生になったけど、まだまだママに甘えてます。
(H16.7生まれ♂)

はなちゃん:
ファロー四徴症、共通房室弁口と闘いながら頑張ってきましたが2008.7.27に突然お空へと旅立ってしまいました。
1歳のお誕生日まであと13日でした。

ママ:
ママも小さい頃に動脈管開存症の手術をしました。
(S48.9生まれ)

過去ログ
カテゴリー
メールフォーム

あなたのお名前:
あなたのメール:
件名:
本文:

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。